総合相模更生病院 GENERAL SAGAMI KOSEI HOSPITAL
神奈川県相模原市中央区小山3429番地
TEL 042-752-1808(代表)042-752-1559(FAX)
地図・交通機関はこちら
ご来院の方々へ 医療機関の皆様へ 当院について
ご来院の方々へ
医療機関の皆様へ
地域医療連携室
検査依頼方法
検査項目
当院医師一覧
当院検査機器一覧
各種書類ダウンロード
化学療法レジメン関連
当院について

新型コロナウイルス情報

看護師募集情報

募集情報

担当医師担当表

各科休診情報



【診療受付時間】

午前診療分
 08:00〜11:30
午後診療分
 12:00〜16:00

【基本診療時間】

(月)〜(土)午前診療分
 09:00〜
(月)〜(金)午後診療分
 14:00〜
医師により診察開始時間が異なる場合があります。詳しくは外来担当表でご確認ください。

【休診日】

日曜、祝祭日、年末年始

総合相模更生病院

〒252-5225
神奈川県相模原市
中央区小山 3429
042-752-1808(代表)
042-752-1559(FAX)
地図・交通機関

当院検査機器一覧
  トップページ>医療機関の皆様へ>当院検査機器一覧
当院の検査機器のご紹介

PET-CT 「Biograph Horizon」 SIEMENS社製

高分解能画像と高い効率性
・Hi-Rez LSO 検出器にTOF、高速の画像再構成エンジンと先進のCT 技術の融合により、高い再現性と定量性をもたらします。微小な病変部の早期発見、術前・予後および治療計画における事前診断においても大きく貢献し、より正確で効率的な検査を行うことができます。
よりやさしい患者ケア
・スキャン前のセッティングからスキャン後の画像再構成処理までの時間を大幅に短縮。ショートガントリと被ばく低減プログラムにより、患者にとって負担の少ない検査を実現します。また、ワークフローを大幅に改善することが可能になり、これまで以上に患者ケアに注力することができます。
PET-CT 「Biograph Horizon」 SIEMENS社製



CT「Revolution Frontier」 GE社製 CT「Revolution Frontier」 GE社製

高分解能撮影
・Revolution Frontierは、優れた光応答特性*4を持つGEのみの技術であるGemstoneシンチレータを検出器の素材として使用しており、従来のCTと比較して約2.5倍の高サンプリングを行い、0.23mmという優れた空間分解能を実現しています。全身領域で高精細な画像を提供し、サイズ計測精度の向上、それによる確信度の高い診断を支えます。
デュアルエナジー撮影 GSI Pro
・Revolution Frontierのもう一つの大きな特長はGSI Pro(デュアルエナジーCT)です。1度の撮像で異なる2つのX線エネルギー画像を同時に取得する技術を使ったデュアルエナジ―CTは、使用造影剤量の最適化や、組織間の僅かなコントラストの違いを増強することで病変検出を向上させることが知られています。
・“Gemstone Spectral Imaging : GSI(ジーエスアイ)と称するGEのデュアルエナジーアプリケーションは、ガントリ回転中に管電圧を80kVpから140kVpへ高速で切り替えながら連続的に2つのエネルギーのデータを収集するFast kVp switching方式を採用しており、精度の高いデュアルエナジー画像を提供します。



MRI「MAGNETOM Aera1.5T」 SIEMENS社製

70cmオープンボア、145cmショートデザインガントリーによる快適性
・従来のMRI装置に比べ、体を入れる空洞の内径が広くなっています。これにより検査中の圧迫感・不快感が低減され、快適な検査環境で受診できます。
本装置に搭載された新しいノイズリダクション機構「Quiet Suite」
・高画質を担保しながら従来より静かな騒音レベルで検査が可能となり、心理的な負担が軽減されます。
完全デジタル化、専用コイルによる高品質な信号の取得
・装置に設置された送受信制御システムによって、MR信号のダイレクトデジタル変換が可能となりました。更に各種検査目的にあわせた専用コイルを豊富に採用したことにより、より高品質なMRI画像の生成が可能です。
MRI「MAGNETOM Aera1.5T」 SIEMENS社製



マンモグラフィ AMULET Innovality(FUJIFILM社製) マンモグラフィー 「Senographe 2000D」 GE社製

なごむね搭載(圧迫自動減圧制御)
・診者の痛みを軽減する目的で、通常の乳房圧迫完了後に、乳房の厚みが変化しない範囲(±3mm)で圧迫圧を減圧する機能です。
直接変換方式FPD最小画素サイズ50μm
・これにより、微小石灰化の描出能を高めました。また、線質補正を行う画像処理に線量低減と高鮮鋭な画像を両立できるノイズ抑制処理を加えることで、従来よりも約30%の線量低減し、同等の画質であることを確認しています。



骨密度測定装置 「DPX-BRAVO」 GE社製

現在、骨粗鬆症の診断および治療効果の判定に最も多く使用されている、微量のX線を腰椎測定部位に照射し、通常、腰椎の骨量を測定するDXA法(デキサ法:二重エネルギーエックス線吸収測定法)を用いた装置です。

骨密度測定装置 「DPX-BRAVO」 GE社製



X線TVシステム 「SONIALVISION eite」 SHIMADZU社製 X線TVシステム 「SONIALVISION eite」 SHIMADZU社製

高速・高精細デジタル画像の追求
100万画素CCDカメラと高性能デジタルシステムにより、10242マトリクス、12bit(4096階調)での高精細・高濃度分解能画像が収集可能
快適をトータルで追求したシステムデザイン
DR画像処理はWindowsRをベースにしたシステムを採用し、GUIとマウスによる簡便な操作と、高精細画像の高速処理により、快適な操作環境を実現
ワイドエリアを無理なく検査
映像系の移動のみで185cmの視野を確保でき、被検者を動かすことなく全身をカバーできるため、高齢者・救急患者等の検査でも安全を確保
被検者に優しい設計
寝台上面の段差を一切なくしたフルフラット天板、200kgの充分な耐荷重、赤外線・タッチセンサを駆使した安全設計など、被検者に優しい機構を数多く取り入れた設計





Copyright(C) 2007-2008 GENERAL SAGAMI KOSEI HOSPITAL All Rights Reserved.