総合相模更生病院 GENERAL SAGAMI KOSEI HOSPITAL
神奈川県相模原市中央区小山3429番地 TEL 042-752-1808(代表) 地図・交通機関はこちら
ご来院の方々へ 医療機関の皆様へ 当院について
ご来院の方々へ
医療機関の皆様へ
地域医療連携室
検査依頼方法
検査項目
当院医師一覧
当院検査機器一覧
各種書類ダウンロード
当院について

担当医師担当表

各科休診情報

職員募集情報


【診療受付時間】

午前診療分
 08:00〜11:30
 ※初診は08:30
午後診療分
 12:00〜16:00

【基本診療時間】

(月)〜(土)午前診療分
 09:00〜
(月)〜(金)午後診療分
 14:00〜
医師により診察開始時間が異なる場合があります。詳しくは外来担当表でご確認ください。

【診療科目・診療部門】

内科外科整形外科
小児科産婦人科
耳鼻咽喉科眼科
皮膚科放射線科
麻酔科看護部
薬剤部栄養科
リハビリテーション科、
臨床検査科

総合相模更生病院

〒252-5225
神奈川県相模原市
中央区小山 3429
042-752-1808(代表)
地図・交通機関

当院検査機器一覧
  トップページ>医療機関の皆様へ>当院検査機器一覧
当院の検査機器のご紹介

PET-CT 「Biograph 6」 SIEMENS社製

「LSOクリスタル」による高感度システム
・従来のBGOクリスタルに比べ、1/8のDecay Time(蛍光減衰時間)と5倍のRelative Light Output(相対発光量)
高分解能LSO Hi-Rez検出器
・感度損失なしに卓越した等方向の空間分解能を実現し、画質をさらに向上
高感度「3D収集」
散乱補正法やランダム除去により、2D収集と同等の定量性を確保した3D収集を実現
CTに要求される条件を高いレベルで解決
・X線利用効率に優れた「UFC」検出器
・高速テーブル移動を可能にする「SureView」
・X線被ばく低減プログラム「CAREDOSE4D」
効率的な検査の実現
・PET・CT撮影から画像処理、解析まで専用コンソールに集約
・シーメンス共通プラットフォーム”syngo”を採用
マルチモダリティワークステーション ”syngo Workplace”
・PET・CT、SPECT、PETの臨床ニーズにフレキシブルに対応する充実したソフトウェア
PET-CT 「Biograph 6」 SIEMENS社製



MRI「MAGNETOM Aera1.5T」 SIEMENS社製

70cmオープンボア、145cmショートデザインガントリーによる快適性
・従来のMRI装置に比べ、体を入れる空洞の内径が広くなっています。これにより検査中の圧迫感・不快感が低減され、快適な検査環境で受診できます。
本装置に搭載された新しいノイズリダクション機構「Quiet Suite」
・高画質を担保しながら従来より静かな騒音レベルで検査が可能となり、心理的な負担が軽減されます。
完全デジタル化、専用コイルによる高品質な信号の取得
・装置に設置された送受信制御システムによって、MR信号のダイレクトデジタル変換が可能となりました。更に各種検査目的にあわせた専用コイルを豊富に採用したことにより、より高品質なMRI画像の生成が可能です。
MRI「MAGNETOM Aera1.5T」 SIEMENS社製



マンモグラフィー 「Senographe 2000D」 GE社製 マンモグラフィー 「Senographe 2000D」 GE社製

乳房内組織がよりクリアに見える
・皮膚ライン・胸壁の近くや、高密度の乳房組織を持つ女性にも有効
検査時間は従来の半分以下
・従来のフィルム方式マンモグラフィでは、現像処理にかかる時間を含め、30分以上かかるのに対して、Senographe 2000Dによる平均検査時間は約10分程度
撮り直し回数が減少
・撮影後、数秒間で画像を作成し、また撮影画像を容易に後処理できるようになるため、従来のフィルム方式マンモグラフィでしばしば生じていた再撮影が減少
将来の遠隔診断を促進
・乳房のデジタル画像をどこへでも送信し、コンピュータで診断することが可能
乳房のデジタル画像を保管
・患者の情報を素早く検索・転送可能



骨密度測定装置 「DPX-BRAVO」 GE社製

現在、骨粗鬆症の診断および治療効果の判定に最も多く使用されている、微量のX線を腰椎測定部位に照射し、通常、腰椎の骨量を測定するDXA法(デキサ法:二重エネルギーエックス線吸収測定法)を用いた装置です。

骨密度測定装置 「DPX-BRAVO」 GE社製



X線TVシステム 「SONIALVISION eite」 SHIMADZU社製 X線TVシステム 「SONIALVISION eite」 SHIMADZU社製

高速・高精細デジタル画像の追求
100万画素CCDカメラと高性能デジタルシステムにより、10242マトリクス、12bit(4096階調)での高精細・高濃度分解能画像が収集可能
快適をトータルで追求したシステムデザイン
DR画像処理はWindowsRをベースにしたシステムを採用し、GUIとマウスによる簡便な操作と、高精細画像の高速処理により、快適な操作環境を実現
ワイドエリアを無理なく検査
映像系の移動のみで185cmの視野を確保でき、被検者を動かすことなく全身をカバーできるため、高齢者・救急患者等の検査でも安全を確保
被検者に優しい設計
寝台上面の段差を一切なくしたフルフラット天板、200kgの充分な耐荷重、赤外線・タッチセンサを駆使した安全設計など、被検者に優しい機構を数多く取り入れた設計



CT 「Bright Speed」 GE社製 CT 「Bright Speed」 GE社製

最新鋭16列MDCT(2009年4月発売)としては、唯一64列CTの技術を搭載した機器となりま す。特徴としては、64列CTの技術を搭載、高速撮影、画質の向上、被曝低減、最新高速処理 技術、ノイズ処理、アーチファクト低減技術を搭載する事で、スクリーニングから精査を迅速に実施する事が出来るようになります。


Copyright(C) 2007-2008 GENERAL SAGAMI KOSEI HOSPITAL All Rights Reserved.